2019.04.15 小田 菜南子

強制的に角刈りに。外見コンプレックスを乗り越え進んだモデルの道(1/2)

透明感のある肌と、肩の上でキレイにワンカールした黒髪。上品な顔でくしゃっと笑うこの人に、まさか“角刈りニキビ”の過去があるなんて想像もつかない—―。

花田真寿美さんは、アスリートビューティーアドバイザーの道を自ら切り拓き、スポーツ選手にメイク方法や姿勢改善のレッスン、時には食事指導やスキンケア、ファッション講座のコーディネートまでも行っている女性起業家。

外見への自信が内面にも作用して、プレーにいい影響を与えると話す花田さん自身も、かつては容姿に悩みを抱えて、心無い言葉に胸を痛めた一人です。そのコンプレックスを力に変えて、夢を叶えている姿は朝の光を浴びて輝いていました。

 

泣きながら髪の毛を切った高校時代

小学生のころからおしゃれが好きで、髪の毛を伸ばしたり、メイクにも興味がありました。高校は、代々オリンピック選手も輩出するような強豪校ということもあり、すごく厳しい校風というのはわかっていましたし、先輩たちが角刈りにしているのは知っていたのですが、まさか自分も同じ髪型にしなければいけないとは思っていなくて。バドミントン部に入部し、一応ショートカットにはしたのですが、先輩たちに何度も呼び出されて泣く泣く角刈りにしましたね。

思春期なので、顔にニキビもよくできてました。メイクで隠すこともできずにいたら、知らない男子高校生からすれ違いざまに「キモっ」って言われ、落ち込みましたね。「ひとは、見た目で判断するんだ」って。

 

自信がないから素直になれない。恋愛も奥手に

そんな見た目で自分に自信なんて持てないので、恋愛にも消極的でした。その頃、中学時代に付き合っていた元カレが、よりを戻したいと言ってくれていたんです。高校の3年間ずっと、好きだって言い続けてくれていたんですが、私はこんな角刈り姿を見せたくないから一度も会わなかった。

でも彼が大学生になるとき、別の女の子と付き合うという連絡が来て、「あー、私好きだったんだな」って自分の気持ちに気づかされたんです。結局、彼はその時付き合った相手と結婚したようです。

今となってはこの人生でよかったと思っています。思っているけど、もしあのとき自分に自信があったら、角刈り姿でも受け入れてくれたかもしれないって考えちゃいますよね。それはもうわからないことだけど。

自分の外見が内面に、こんなに影響を与えるんだってそのとき思いました。競技には全力で向き合っていましたし、チームは高校選抜団体三位という結果も出しましたが、選手としての目標とは別に、「引退後はきれいになりたい」という目標も持ち始めました。

 

大学在学中にモデル業を本格的に始める

大学でも最初はバドミントンを続けていたのですが、途中で燃え尽き症候群になり、やめました。いざおしゃれできる!という環境になっても、何をしたらいいのかわからないものですね。

今まで100kgのバーベルでスクワットをしていたので、デニムも履けないくらい太ももの筋肉が大きくて、服選びも大変でした。しかも部活時代と同じ量を食べていたら7kg太ってしまったので、まずはダイエットをしつつ、自分磨きをしようと。

大学3年生から、スカウトをきっかけにモデルを始めました。ショー、TV、ラジオの仕事もありましたし、愛知県の観光PRとして全国を回らせていただいたりと、本当にいい経験をさせていただきました。それまでは大学を出たら一般企業に就職するのが当たり前だと思っていたのですが、卒業後も名古屋でモデルを続けさせていただきました。

その後東京に出てきて、自分が身に着けてきた「内面・外面ともに美しくなる方法」を他の人に伝える機会というのも増えていきました。そのなかで見つけたのが、アスリートビューティーアドバイザーという役割だったんです。

 

<後編へ続く>