2019.03.19 小田 菜南子

バストのプロがおすすめする、5年後のためのスポーツブラの選び方

意外と誤解も多い、スポーツ時の胸のこと。正しい知識と、スポーツブラの選び方を、ワコールの商品開発担当者に伺いました。ポイントは、自分がしているスポーツの動きを正しく捉えることです。

部活女子、ワークアウト女子が一度はぶつかる壁、スポーツブラ。買うと意外と高いし、着心地も普段用のブラとは違うから選びにくい。いつも使ってるのじゃダメなの?

女性のからだを研究し続けてきた下着メーカー、ワコールで、スポーツブラへの疑問をぶつけてきました。

 

教えてくれた方

竹波祥代さん

株式会社ワコール ウエルネス事業部 商品企画課

学生時代より、筋・骨格の仕組みや怪我の予防等に興味を持ち、アメリカンフットボール部で、トレーナーの経験を積む。株式会社ワコールに入社後は、人間科学研究所に所属し、主に人の動作(筋・骨格)に関する研究・商品開発を担当。2016年より現部署にて、CW-Xの開発を担当。

 

バストのかたちが変化するプロセスは全女性共通

小田
そもそもどうしてバストの形は崩れてしまうんですか?

京都駅近くにオープンしたワコールスタディホール。かわいい下着を身に着けたトルソーの奥には、コワーキングスペースとして誰でも利用できるスペースが

竹波さん
バストには筋肉がなく、脂肪や乳腺がクーパー靭帯で支えられています。このクーパー靭帯は、ジャンプや、走る動作などによる揺れや、外部からの衝撃によって伸びてしまうのですが、一度伸びてしまったクーパー靭帯はもう元には戻りません。

これは加齢による体型変化のプロセスと同じです。ワコール人間科学研究所*では、4万人以上の女性の体のデータを分析しているのですが、その結果進む速さは様々ですがすべての女性が同じ順序で体型変化していくということがわかっています。運動によってバストにかかるストレスが増えると、それだけこのプロセスが早まるというわけです。

参考:ワコール人間化学研究所「からだのエイジングと美の法則」

かわいいブラを楽しむためにも、運動時はスポーツブラを着用してバストの形をキープしましょう

小田
通常のブラジャーでは、スポーツ時のストレスからは守り切れないんですか?
竹波さん

一般的なブラは、バストの形をきれいに整えるためにワイヤーが入っていることが多いですよね。これはバストを下部から支えている状態です。

走っている女性のバストは、どのような動きをしているか知っていますか?

小田
上下の動き、でしょうか。
竹波さん

そう感じる人が多いと思います。ですが実際は、360°回転するような動きで揺れています。バストの下部だけでは、この揺れを抑えるのには不十分です。スポーツブラはバスト全体の揺れやズレを抑えるために、バストを面で支える構造をしています。

また、スポーツブラは吸汗速乾性のある素材を使用しているので、汗をかいても快適に運動が続けられます。

小田
バストが小さいからブラをつけなくても大丈夫、という人がいますが本当ですか?

竹波さん
確かに、バストが大きい方が重力が多くかかるので、バストへのストレスは大きくなります。ですが、大きさや形にかかわらずバストの組織構造は同じなので、エイジングの仕方も同じです。カップ数に関係なく、自分に合ったスポーツブラを着用していただきたいです。

 

スポーツブラの選び方

小田
スポーツブラって強度で分かれていることが多いですよね?自分のやっているスポーツがどこにあたるのかわからなくて・・・。

竹波さん
ワコールでは強度ではなく、運動の種類によって分けており、それぞれの動きの特性に合わせたサポート構造になっています。

「走る人のブラ」は、上下左右に円を描くような動きに対応する5方向へのサポートがあり、マラソン、ジョギング、球技など、走ったり跳んだりするスポーツをする女性にオススメ。

CW-X走る人のブラ

走る人のブラの構造。黒い部分が5方向へのサポート

「動く人のブラ」は、肩甲骨まわりの動きが大きい運動に対応していて、フィットネス、ダンス、ゴルフ、スノボなど踊ったりひねったりするスポーツにおすすめ。最近はやりの筋トレ女子も、こちらを選ぶといいでしょう。

CW-X動く人のブラ

「歩く人のブラ」は、トレッキングやウォーキングなど、主に上下の動きが多いスポーツにおすすめ。上下方向に対応したT字サポートで、長時間着用する人を考えた構造になっています。肩部分は、リュックを背負っても肌に負担をかけないフラットな設計になっています。

 

CW-X歩く人のブラ

「ヨガブラ」は、ヨガやピラティスのような大きくゆったりとした動きにもしっかりフィットするよう、伸縮性や動きへの追随性が重視されています。

CW-Xヨガブラ

小田
サイズはどう選んだらいいんでしょう?S、M、Lで分かれていると選びにくくて。

竹波さん
ワコールのスポーツブラは、アンダーとトップの差で測る、通常のブラジャーと同じ考え方でサイズを選べるようになっています。それでもサイズに悩んだら、販売員に相談したり、試着をしてみて、自分のサイズに合うものを探してみてください。

小田
実際、どれくらいの人がスポーツブラを着けて運動しているのでしょうか?
竹波さん

ワコール調べによると、運動をする人の4割しかスポーツブラを着用していないのが現状ですね。デザインがかわいくないとか、きつくてつけにくいといった印象をもたれているのが理由で、特に若い女性からはハードルが高くなっているようです。

最近では、スポーツブラをファッションの一部として「見せる」着こなしも増えているようなので、見せたくなるデザインというのをメーカー側も考えていくことで、普及につながっていくと考えています。

特に20代の女性は、バストが下がることに危機感を持ちにくいと思います。ですが、バストの変化はすべての女性に共通して訪れるので、早いうちからスポーツブラの必要性を感じていただきたいですね。

バストのエイジングを、優しい語り口で教えてくれた竹波さん。一度太った体はダイエットで元に戻っても、一度伸びたバストの靭帯はもう元には戻らないなんて悲しすぎ・・・。将来の体のために、今一度スポーツブラを見直してみませんか?