2019.03.03 LIA編集部

フィットネスにおすすめのヘアアレンジ。腹筋しても崩れない!

Instagramで良く見るモデルや女優さんのトレーニング風景。髪をぐしゃぐしゃっとまとめてあるだけなのに、なぜかオシャレに見えたことはありませんか?でも、ゆるく結ぶとすぐ崩れてしまい運動に集中できない心配があったり、逆に強く結ぶと理想とはかけ離れたカチっとしたお団子になってしまったり…。

そこで今回は、ゴムとピン2~3本あればラフだけど、崩れにくいお団子アレンジをお教えします!ベースをゴムで結んでいるので、激しめな運動でも崩れにくくなります。

動画はこちら

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

LIA(レイア)さん(@lia_mag.official)がシェアした投稿


まずは、お団子を完成させたい位置で、ポニーテールを結ぶように髪をまとめていきます。最後は毛先まで通さず、小さめの輪っかを作ってください。

この小さい輪っかを少しずつ広げていくのですが、この大きさでお団子全体の大きさがだいたい決まります。

広げる際には、表面に凸凹ができるようなイメージで、摘みながら引っ張りだします。次に、毛束をねじりながら輪っかに巻きつけていきます。ねじった表面をつまんで崩しながら巻きつけていくのがポイントです。

ひとねじりに1〜2箇所、表面の毛をつまみ引きだすように崩すイメージです。ここで短い毛が出てきてしまっても気にせず、毛先までいきましょう。

巻きつけ終わった毛先はゴムに挟みます。ここで、出てしまっている短い毛も一緒にゴムに挟んじゃいましょう!

あとは、お団子が丸くなるように、ピンを使い整えます。今回留める位置は2箇所。

1箇所目は、画像に向かって右側の輪っかの部分。

2箇所目は正面のゴムが見えている部分。

最後に全体的にほぐし足りないところがあれば、ほぐして完成です!

もしピンがなかったり時間がない時は、ゴムで結んだ時点でお団子を少しほぐして完成させるのも良いです。多少ゴムが見えてしまっていても、逆にラフ感が増して可愛く見えます。

また、髪の毛を事前に巻いておけば、さらにニュアンスがつき、ゆるく柔らかい雰囲気のお団子ヘアができます。少し毛先が出てしまっても、それはそれで可愛くなります!

 

ヘアアレンジには練習が必要です。初めは上手くいかなくても、コツさえ掴んでしまえば、このくらいのアレンジはだいたい2、3分で作れるようになります。トレーニングウェアに合わせた可愛いヘアアレンジをして、たくさん運動しましょう!