2019.03.01 小田菜南子

婚約者よりW杯!ラクロッサー起業家・山田幸代さんの「どハマり力」

大学からラクロスを始め、すぐに日本代表に選出されW杯の舞台を経験した山田幸代さん。卒業後は社会人と日本代表選手の二足の草鞋を履き、2007年には日本初のプロラクロス選手に。強豪・オーストラリアのチームに所属しながら、MBA取得、そして2016年からは起業家としてラクロスを普及する活動も始めました。1日が何時間あっても足りなくなりそうな日々を送る彼女の、ラクロスとの向き合い方とは。

 

4年間付き合った恋人よりも、目の前のチャンスを掴みたかった

いつからラクロスを始めたんですか?
山田さん
大学からです。それまでずっとバスケをやっていたのですが、完全燃焼した感じもあり、何か違うスポーツを探していたときに友達に誘われたのがきっかけです。そこから一気にのめりこみ、ラクロスを中心に生活リズムを組み立てるようになりました。
山田さんのお話は色々なメディアで聞きましたが、以前テレビで婚約者のお話を聞いたときは驚きました。
山田さん
大学時代の彼氏ですね。彼には「山田には羽が生えてる」って言われてました。すぐラクロスに行っちゃって、全然ゆっくり会う時間がないから。「俺はラクロスが嫌いだ」とも(笑)それでも大学4年間付き合って、卒業したら結婚して彼の地元に引っ越そうと話していたんです。結納して、家まで建てていたんですけど、卒業した年がW杯イヤーだったんですよね。選ばれたら出たいじゃないですか。だから、「出ます」と言ったら「じゃあ結婚止めます」と言われてお別れしてしまいました。

未練はなかったんですか?
山田さん
そのときは目の前にW杯があったので、あまり落ち込まなかったですけど、時間が経ってふと思い返したときに、「あ、いないのか」って思うことはありましたね。でも、自分のなかでそれ以上にするべきことがあると判断したことなので、後悔したことはないです。会うべき人とはきっと別れてもまた出会うと思っているので、縁がなかったということだと考えるようになりました。
なぜそこまでラクロスにのめりこんだんでしょうか。
山田さん
一つは、スピードと激しさの魅力です。ラクロスはフィールド最速の格闘技と呼ばれていて、シュートの瞬間のボールの速さは女子でも120~130km/hくらいになるんですよ。女の子がスティックを持って、駆け回るようなかわいいイメージを持っていたので、そのギャップにどんどん引き込まれましたね。

 

0から1を生み出す楽しさにどハマり

大学で初めて出会うスポーツって新鮮ですよね。
山田さん
そうですね。しかもすべてを自分たちで作っていかなきゃいけないんです。これがラクロスにはまったもう一つの魅力と言えます。ラクロスの練習環境って、何もかも自分たちでやらないと何もベースがないんですよね。高校まではバスケをやっていたので、コートは体育館に行けばあるし、監督もいる、目標も設定されています。

でもラクロスはチームメイト集めから、フィールド探しまで全部自分たちでやらないと練習ができません。私はそれがすごく楽しかったんです。敷かれたレールを走るんじゃなくて、レールを自分たちで敷いていく感覚がありました。目標設定からすべて自分たちで決められますし、0から1を生み出すことがきっと私は得意なんだと思います。

ラクロスは、朝が早いイメージがあります。
山田さん
朝6時半から練習を始めて、10時に終わったら大学に行って授業受けて、バイトして、また朝練。部活に遅刻は絶対できないので、徹夜になりそうなときはグラウンドに行って寝ていました(笑)。

勉強との両立は大変じゃなかったんですか?
山田さん
ラクロスで食べていけるとは思っていなかったので、勉強も真面目にしていましたよ。自分の場所は自分で勝ち取らなければ、という気持ちが強かったので、自分の得意なマーケティングの研究をずっとしていましたね。
なぜそこまで努力できたんですか?
山田さん
私はラクロスを始めた時から「このスポーツを子どもたちの夢にしたい」とずっと思い続けていて、すべての活動がその目標につながっているからだと思います。「将来の夢は、ラクロス選手になること」って言ってくれる子どもを増やすためには、どんな普及が必要なのか、まず自分がラクロスの世界で成果を出さないといけないな、と逆算して考えてきました。就職した会社を辞めて、拠点をオーストラリアに移したのも、ラクロスだけで生活できるロールモデルになりたいと思ったからです。

 

山田さんがその後、MBA取得、起業、オーストラリア代表選出というステップを踏む過程は後編へ!

 

プロフィール

山田幸代

ラクロスプレイヤー 山田幸代

1982年8月18日生まれ。滋賀県出身。
大学時代、「たまたま友人に誘われて」ラクロスに出会い、ラクロスの魅力にとりつかれる。ラクロスを始めた翌年に、年代別の日本代表に選出される。その後は数々のタイトルを獲得し、2005年には日本代表としてワールドカップに出場。また、この年には大学を卒業し、某大手通信会社に就職。社内でトップセールスを記録するなど、プロ活動を始めるまで営業職とラクロスを両立していた。2007年9月にプロ宣言し、現在は日本初のプロラクロス選手として活躍中。