2019.07.12 LIA編集部

PFC表がレシートに。東京アスリート食堂で食事管理の第一歩を

都内に4店舗を構える「東京アスリート食堂」では、スポーツ栄養学に基づくバランスの取れたメニューを誰でも気軽に楽しむことができます。10種類以上の小鉢から、店内の栄養表示を参考にメニューを自分で構成すると、トータルの栄養素がレシートに印字されるので、栄養管理の練習にも最適です。

ボディメイクを目指す女性の間では、PFCバランスを意識して食事管理することがすでに常識になっています。でも、一つひとつの食材の栄養素と質量を計算して日々のメニューを立てるのは大変だし、神経質すぎてストレス。まずは一般的なメニューの、大体の栄養素とカロリーがざっくり計算できるようになれば、外食だってしやすくなります。そんな食事管理の練習ができる、東京アスリート食堂神田本店でランチ体験してきました。

 

食事管理の第一歩。栄養素を考えながらメニューを選ぶ訓練を

東京アスリート食堂では、スポーツ栄養学に基づいたおかずを、栄養表示を見ながら自分で自由に組み合わせるシステム。「ご飯、汁物、10種類以上の中から選べる3つの主菜」の合計5つのお皿のトータル栄養素を、レシートに印刷してくれるので、自分の好みの食傾向が「タンパク質不足」や「カロリー過多」ということに気づくきっかけにもなります。

この日のメニュー表

 

がっつり派も少食派も満足。選べる3つの主菜

全10種類以上の主菜が、A,B,Cの3つのカテゴリに分かれており、それぞれから1つずつ選ぶ仕組みです。「低カロリー」「低糖質」「低塩分」「高タンパク質」「高鉄分」「高ビタミンC」「食物繊維豊富」なども栄養素表示がすべてのメニューについているので、これを参考にすれば自分だけのオリジナル定食を簡単につくれます。

 

A主菜:しっかりタンパク質の温おかず

鳥もも肉の塩麹焼き、豚肩ロースの蒸し煮、鯖の唐揚げなど、肉魚を中心としたタンパク質メインのおかずがA主菜。基本は1皿を選ぶシステムですが、追加もできます。

 

B主菜:たっぷり野菜のおかず、旬のおかず

次に、野菜グラタンや鯵の南蛮漬け、夏野菜のラタトゥイユなど、野菜が中心となったおかずを選びましょう。

 

C主菜:一緒に食べたい、体に嬉しいおかず

C主菜は、A,Bだけでは不足している栄養素を補うため、冷やし中華風春雨、しらすとわかめの納豆など、糖質やミネラル、鉄分などをちょい足しできます。

この日選んだメニュー。前日飲み会だったため、葉物野菜を多めにチョイス

 

ここでしか食べられないアス米とは

アスリート食堂のご飯は、すべて胚芽米がベース。「白米」は、胚芽米と白米がブレンドされており、精白米よりもビタミンB1が豊富です。

アス米は、胚芽米に数種類の穀物を配合したオリジナルブレンド米。栄養バランスに優れているほか、穀物の効果により血糖値の上昇もゆるやかに。

いずれも小盛り(100g)、普通(160g)、大盛り(240g)からえらぶことができます。

メニューはすべてこのシートに記入します

 

レシートは絶対に捨てないで!その理由は…

東京アスリート食堂のレシートは、絶対に持って帰ってください。

なぜなら、一生懸命選んだオリジナル定食のトータル栄養素が印刷されているから。

 

チェックできる栄養素は

タンパク質、糖質、脂質、ビタミンC、鉄分、塩分、食物繊維。

この日選んだメニュー。キャベツ盛りを100円で追加しました

葉野菜が多かったからか、ビタミンCは1日の目安量の8割!糖質と脂質はもう少し多く摂ったほうがいいかも。

しかも男性、女性それぞれの1日の摂取量の目安も合わせて表示されているので、この日の夜の食事内容にも生かすことができますね。

食事管理の習慣をサポートしてくれる、東京アスリート食堂。神田錦町本店は皇居の近くということもあり、2〜4階はランステーションにもなっています。汗を流した後のエネルギー&栄養補給にもぴったり。

 

【食べたところ】

東京アスリート食堂 神田錦町本店

〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-21 10 OVER 9 1F
(東京メトロ東西線「竹橋駅」3b出口より徒歩3分、東京メトロ東西線「大手町駅」C2b出口より徒歩7分)

[月〜金]
ランチ/11:00~15:30(l.o.)
ディナー/17:30~22:00(l.o.)

[土・日・祝]
10:00~20:00(l.o.)