2019.07.11 LIA編集部

女優のからだのつくり方。眞嶋優さんのワークアウトに密着!

女優の眞嶋優さんは、お芝居をしている時の姿勢や立ち振る舞いに“芯”を持たせるという意味でも、普段からからだを鍛えています。ジムに通うだけでなく、外での運動も大好きな彼女には、筋肉のリカバリーも欠かせません。アクティブな眞嶋さんがジムと自宅で実践しているワークアウトに迫りました。

週に2〜3回ジムに通うほど、ワークアウトが大好きな女優の眞嶋優さん。スラッとした細いからだが印象的ですが、ジムではどのような筋トレを行っているのか気になるところです。

また、フリースタイルフットボールのパフォーマーとしても活躍している彼女は、筋肉痛や疲労感を残さないためにも、普段からストレッチポールやテニスボールを使ってからだをほぐしているとのこと。

そこで今回は、眞嶋さんがジムで行っている筋トレと、自宅でもできるからだのほぐし方を教えていただきました!

 

ジムで行っている筋トレ

レッグプレス

脚全体の筋肉を鍛えられるレッグプレス。太ももを引き締めたいという女性におすすめ。

眞嶋さん
私の場合は筋肉を付けたいというよりも、引き締まったからだを維持したいので、あまり負荷を上げずに20回くらいできる重さでやっています!

 

アブドミナル

腹直筋を鍛えるアブドミナル。お腹を引き締めたいという女性におすすめ。

眞嶋さん
今までお腹を見せるような衣装はあまりなかったですが、そういう可能性もあると思うので、腹筋もムキムキにならない程度に鍛えています!

 

ラットプルダウン

広背筋を鍛えるラットプルダウン。背中のラインを綺麗に見せたいという女性におすすめ。

眞嶋さん
後ろ姿ってなかなか自分では見えませんよね。でも、後ろから写真を撮られた時に「こんな後ろ姿なんだ…」ってなりたくないので、キレイな背中の形になりたい!

 

ランニングマシン

眞嶋さん
今はどちらかと言うと筋肉をつけたいので、あまり有酸素運動は力を入れていないです。ただ、普通の女性よりも体力はあるほうだと思います(笑)

 

お芝居をしている時の姿勢や立ち振る舞いに“芯”を持たせるという意味でも、からだを鍛えている眞嶋さん。フリースタイルフットボールは下を向く時間が長く、姿勢が崩れがちですが、筋トレを始めてから姿勢が良くなったのを実感しているとのこと。

そんな眞嶋さんがトレーニングで意識しているポイントはこちら!

Yu's Point

・最初はトレーナーさんに正しい器具の使い方を確認しながら鍛える

・からだのコンディションに合わせて、キツすぎず楽しく続けられる回数で

・呼吸を止めながらやると効果が薄れてしまうので、呼吸は大事に

・鍛えられている部位を意識したり、触って確認したりしながらやる

 

自宅でできる!からだのほぐし方

ストレッチポール

ストレッチポールに背中を乗せた状態で、

胸の前で手を合わせる→そのまま上に手を伸ばす→両手を斜め上に開く→ひじを曲げて両手を下ろす(数回繰り返し)

肩甲骨周りの筋肉がほぐれます。猫背の方には特におすすめ。

 

ストレッチポールに背中を乗せて、頭が少しはみ出すくらいに。後頭部の気持ち良いところが、ポール先端の固い部分に当たるようにする。そのまま頭を左右に揺らすと、首の筋肉がほぐれます。

スマホやデスクワークによって、首こりに悩まされがちな方には特におすすめ。

 

ストレッチポールにすねを乗せて、そのまま前後に動きます。(バランスを保つのが難しい人は、片脚ずつでもOK)

すねの筋肉がほぐれます。すねに負担がかかりやすいマラソンランナーの方には特におすすめ。

 

ストレッチポールに太ももの外側を乗せて、そのまま左右に動きます。太ももの外側の筋肉がほぐれます。

 

ストレッチポールに太ももの前側を乗せて、そのまま前後に動きます。太ももの前側の筋肉がほぐれます。

太ももは特に日常から負担がかかりやすいため、しっかりとほぐしておきましょう。

 

こちらも筋トレと同様に、ほぐれている部位を意識することと、しっかりと呼吸をしながらやることが重要とのこと。

また、ストレッチポールには様々な種類があります。今回、眞嶋さんが使ったストレッチポールは最もオーソドックスなタイプですが、もっと小さいものや、振動を与えてくれるフォームローラーもあります。

機能性はもちろん、自分のからだの大きさや、自宅での置き場所も考えてストレッチポールを選んでみましょう。

最近では、筋肉に振動を与えてほぐすタイプのフォームローラーも家庭用サイズで登場しています 提供:Fighting Road

 

テニスボール

ストレッチポールよりもピンポイントに筋肉へアプローチできるのが、テニスボールです。

立ったまま足の裏でコロコロしたり、座った状態で足やふくらはぎ、太ももの裏でコロコロしたり。ストレッチポールほど幅を取らないですし、持ち運びもできますね。

眞嶋さんはフリースタイルフットボールをしているので、脚の筋肉を良く使いますが、そのリカバリーにも役立っているとのこと。オフィスでさりげなく席の下に置いておいて、仕事中に使ってみても良いかも。

足の裏はからだを支える“土台”。土台がしっかりしていると、自然と背筋が伸びます

 

眞嶋さんは普段から自宅で、ストレッチポールやテニスボールでからだをほぐしているとのこと。運動前後はもちろんですが、寝る前に実践すると、寝るときに背中全体がべたっと床に付いている感じがして、すっきり眠れるとか。また、筋肉のハリを防ぐことは、しなやかな体型を保つことにもつながるんです。

今回紹介したからだのほぐし方は、ほんの一例ですが、眞嶋さんを参考に自分に合った方法を探してみてはいかがでしょうか?

 

プロフィール

眞嶋 優(ましま ゆう)

ソニー・ミュージックアーティスツ所属の女優。群馬県渋川市の観光大使。過去にはJリーグ・横浜FCの応援番組のリポーターを務め、現在もJFFA(日本フリースタイルフットボール協会)公認のフリースタイルフットボールアンバサダーとして活動するなど、女優以外にもマルチな才能を発揮している。

Twitter
https://twitter.com/yumashima

Instagram
https://www.instagram.com/yu_mashima/

|